aussie eigo blog

英語はなせるようになりたいよね?英会話上達のコツ、英会話の基本はもちろん、国際結婚やオーストラリアについての情報を発信しています。

国際結婚

国際結婚ってどうなのか?離婚しやすい?理想と現実を経験者が語る

投稿日:

英語を勉強している方の中には、国際結婚にあこがれる人も多いのではないかと思います。離婚率が高いと言われますが、理想と現実を、経験者の私が実際に私の周りで起きた事例をもとに、お伝えしたいと思います。

理想の国際結婚?

国際結婚にあこがれを抱く方は、きっと、

ジェントルマンのやさしい旦那様が、面倒見てくれて、目がクリクリのかわいい子供が生まれて幸せになれる♡

美人の奥さんが、毎日美味しい料理を作って癒してくれる♡

妄想は自由ですから、どんな夢を見てもあなたの自由だと思います。

そんな理想が現実になっていることもあると思います。

たとえ、この理想が現実になっていたとしても、

その裏には、あまり知りたくない現実が隠れている場合がほとんどではないでしょうか。

国際結婚の現実

国際結婚をした私が言うのは、ちょっとおかしいかもしれないですが、

あまりおすすめはできないです。

「自分、国際結婚してるじゃん!」

と思われるかもしれません。(夫との仲が悪いわけではないです。)

でも、おすすめはしません。

なぜなら、

大変だから。

結婚ってやはり、今まで他人だった二人が一緒にくらしていくわけなので、

大変なことはたくさんあると思います。

しかし、それに付け加えて、国際結婚はさらに乗り越える壁がたくさんあります。

それが、離婚率が高くなる原因の一つかもしれません。

まあそういっても、オーストラリアは一般の結婚の離婚率も50%くらいあるようですが。

では、実際にどんなことが大変か?

いくつか取り上げたいと思います。

ビザ

まあ、これが一番大変ですね。

私は、オーストラリアでパートナービザを申請しましたが、その書類集めやら、リサーチやらは時間がかかりました。

義母や友人に、二人の関係が本当であることを証明する手紙を書いてもらったり、

二人で撮った写真を何枚も、まとめてアルバムのようにして作成したり。

そして、

ビザ代が高い。

現在の最初のパートナービザ申請料は、$7715 AUSドル(日本円で約55万円!!!)です。(2020/05/28現在)

私の時は半分以下でしたが。。。。。

テンポラリービザ(temporary visa)という2年間のビザの申請時に支払います。

今はビザが下りるまで、21か月!!!くらいかかるそうです。

(私の時は5か月でおりました。10年以上前ですが)

そして、テンポラリービザ申請から2年後にパーマネントビザ(permanent visa)が申請できます。

そして、はれて永住権!

さらに。

オーストラリア国籍(つまりオーストラリアパスポート)がその12か月後以降で、4年以上オーストラリアに住んでいれば申請できます。

しかし。

日本は二重国籍が許されない国なので、

日本の国籍を残したければ、オーストラリアの国籍はとれません。

私は、日本国籍を残しています。

そうすると!

5年ごとに、レジデントリターンビザ(resident return visa)というよくわからないビザを申請しなければいけません。

このビザがないと、一回オーストラリアを出国してしまうと、永住者として戻ってこれなくなります。

もちろんお金、取りますよ。

$405AUSドル(日本円で、約3万)です。(オンライン申請の場合。2020/05/28現在)

まあ、面倒ですね。

日本で結婚ビザを取る場合は詳しくはわからないのですが、

似たような書類はもちろん、

ビザの期限は最初ほとんどが一年から始まると思います。

そしてまた申請。

お金はたぶんオーストラリアほどは取らないと思います。

一回で申請が通ればいいのですが、

書類が足りないとか不備があった場合は、長引きます。

それをさけるために、弁護士さんにお願いする方もいます(さらにお金がかかります)

といった具合に、

事務的なビザの手続きは、

大変

です。

言葉の問題

本当に、どちらかが、どちらかの言葉をかなり上手に話せないと、コミュニケーションが難しいです。

私は、夫と出会ったとき、ある程度英語が話せましたが、

それでも、最初の数年は、ニュアンスの違いで口論になったりしました。

知り合いの日本人の奥様は、あまり英語が得意ではないので、

旦那様に色々言い返せず、いつも不満をためていらっしゃいます。。。

そうならないためにも、

お互いがお互いの言葉を少しでもわかろうとしないと難しい

かと思います。

食文化の違い

まあ、これは日本人同士でも、職の好みの違いで、うまくいかないこともあるかもしれないですね。

毎日ステーキ(どんな肉でもいいけど)とサラダじゃないとヤダという、旦那様(オーストラリア人)を持つ知り合いがいます。

まあ、その人自分一人の時は、和食を作ったりしているので大丈夫みたいですが。

タイ人の奥様を持つ、オーストラリア人の知り合いが、すべての料理が辛くていやだと、愚痴をこぼしていました。

あとは、宗教上の問題で、ベジタリアンだったり、豚肉を食べなかったり。

なんでも、美味しく食べれる同士ならば問題ないかもしれません。

文化、宗教の違い

文化や宗教の違いもまた、乗り越えないといけない壁の一つです。

日本は、空気をよんで上司に従うといったようなどちらかというと、謙虚なことが美とされる文化ですが、

西洋の文化は、自分の意見を主張し、自分をアピールする文化です。

また、日本以上に家族のつながりを大切にする部分もあります。

中華系の家族は、子供は祖父母が面倒見て、親は働きに出るのが普通。さらに義理親と一緒に暮らすことが多いです。

宗教がちがえば、一緒に暮らしていくことは難しいです、

日本人のように、仏教ベースでもそれほど深く信仰していなければ問題にはなりませんが、

どちらかが、何らかの宗教を強く信仰していた場合、やはり、そのパートナーもその宗教を信仰せざるを得ない部分はあります。

ちなみに、私たちは無宗教なので、問題はないです。

住むところ

確実に、どちらかが、または双方が母国を離れて暮らすということになります。

母国を離れた側は、それなりの覚悟と努力が必要です。

また、母国に住んでいる側も、母国を離れた側のサポートをきちんとしてあげないと、

母国を離れた側は、かなりの精神的ストレスを抱えます。

母国と別の国に暮らすという手もありますが、

そこでまた、どのようにその国のビザを取るかなどの問題が出てきます。

国際結婚の実例

私の周辺の国際結婚の実例をご紹介します。

うまくいっている例

・旦那様が本当にジェントルマン

理想のような旦那様も実際には存在します!仕事帰りにいつも彼女の好きなチョコレートをかって帰ってきてくれ、子供の面倒も見てくれ、夜は彼女の英語の勉強を見てくれるんだそうです。なかなかのイケメンの旦那様で、子供たちもかわいいです。

・お互いが自立している

お互い仕事をして、家事や育児は協力しながらやっているケース。移民である彼女も現地企業で働いています。お互いに依存していない分、協力し合えているようです。

・第3の国で暮らしている

奥様は日本人、旦那様は中国人で、オーストラリアに暮らしています。二人とも英語も話せます。留学の時に知り合ったようです。お互いに努力が必要な分、うまくいっているのかなと思います。

うまくいってない、うまくいかなかった例

・旦那様が協力しない

旦那様が協力してくれなかった例。子育ても、移民である奥様のサポートも手伝わず、自分は友達と出歩いたり、趣味ばかりに没頭。子供さんの手がかからなくなったところで、奥様が離婚を切り出しました。

・旦那様が仕事をしない

実はこれ。よくあるんだそうです。旦那様が仕事をしないで、奥様が苦労して働いて、我慢できずに離婚。だいたい奥様はそのままオーストラリアに残って、子育てされています。頼もしいと思います。まあ、これは日本でもあるかもしれないですね。

・義理の家族とうまくいかなかった

これも多いですね。文化の違いから、義理家族にひどい扱いを受けた方も知っています。こちらは、家族の距離が日本よりも近いので、義理家族と馬が合わない場合は辛いかもしれません。知り合いは、食事の集まりで、自分にだけ食事が出てこなかったことがあったそうです。また、義理家族が薬をやっていたとか、そんな人もいました。

私が国際結婚してよかったと思うこと。

私が国際結婚してよかったと思えるのは、

世界観がかわった

ことです。

沢山の新しい世界を知ることができました。

日本にいるときは、世界情勢など興味もありませんでした。しかし、別の国に来たことで、日本、オーストラリアはもちろん、ほかの国の情報にも興味を持てるようになりました。

また、

大嫌いだった英語が大好きになった

のもよかったと思えることの一つです。

旅行は困らないし、映画も見れる範囲が広がった。

今でも、新しい言葉を覚えることは楽しいです。


いかがでしたか?

理想と現実はやはり違います。

私は、国際結婚にあこがれていた人ではありませんが、

やはり、思っていた以上に大変でした。

これからも大変かもしれません。

でも、この人とならやっていけるなーとは思っています。

国際結婚に限らず、結婚はお互いが、お互いを思い合って、

壁を乗り越えていくことなのかもしれませんね。

*ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚情報へ
にほんブログ村

-国際結婚
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国際結婚したいと思った時、知っておくといい注意点と覚悟

恋愛から結婚に発展するまでの期間は、ほとんどの人が盛り上がり、たくさんの幸せを感じると思います。「恋は盲目」と言われるように、その時見えていない部分があるからこそ、離婚するご夫婦もいるんだと思います。 …

オーストラリア人と結婚して、ちょっとめんどくさいと思うこと。

私の夫は、オーストラリア人です。そうです、国際結婚です。 国際結婚ってあこがれるとか、西洋人と付き合っている日本人の女性は顔がいまいちとか、まあ、色々言われたりしていますね。 ここでは、私がオーストラ …

海外に住めば英語は話せるようになるのか?英語が話せないと海外で暮らせない?

「海外に住んでいるんだから英語しゃべれるでしょ?」 「留学してたなら英語はなせるよね??」 まあ、大抵の人はこうやって考えますね。 実際ってどうなんだろう? オーストラリアで暮らしている私が、実話をも …

国際結婚、お金ってどうしている?国際カップルの家計事情

国際結婚したカップルって、家庭でのお金の管理とかどうしている? 国際結婚ってお金がかかるけど、どんなふうにやりくりしている? 私たちと、私たちの周りの人を例にその管理方法を紹介しようと思います。 目次 …

プロフィール


オーストラリア在住10年以上で現地企業でオーストラリア人と働いている日本人です。
英語が大嫌いだった私が、英語を話せるようになったコツや英会話の基本、実際の会話に実用できるフレーズ、また国際結婚やオーストラリアについても発信していこうと思います。

検索

おすすめのオンライン英会話や英語サイト、Youtubeチャンネルなどを紹介しているカラーズ英会話さんのブログはこちら↓